ネットビジネス副業通信講座-起業と仕組みを語るブログ!

1000万を稼ぐノウハウ満載!ネットビジネスで成功するための、アイデアや、起業,独立のヒントやお金を稼ぐための裏情報を語る無料の公開授業。稼げない奴への毒舌批評もぜひ聞いてくださいね!

インフォプレナーと情報アフィリエイターはどちらが稼げる?1か月の売り上げ比較

あなたはネットビジネスで一番稼げるのは情報商材のジャンルで、さらに情報商材をアフィリエイトするのではなくて、情報商材を販売する側に回る、

 

つまりアフィリエイターではなくてインフォプレナー(コンテンツフォルダー,広告主)になるとめちゃくちゃ稼げるという話を聞いたことがないだろうか?

 

私も10年ぐらい前からネットを漁ってはいたが、結局稼げる奴は教える側に回る奴みたいな定説が出回っていて、それを信じていた。

 

ただ、最近は情報商材に特典をつけてオリジナル性を加え販売することで、インフォプレナーを超えるような額を稼ぐアフィリエイターもでてきたと思う。

 

実際に私もその通りでインフォトップ単体でも100万ぐらい行く月もあり、法人としてもろいろ動けるようになった。

 

そこで最近1か月の売り上げを比べインフォプレナーと情報アフィリエイターはどちらが稼げるのか比較してみた。

 

幸い私はインフォトップの中間発表でアフィリエイトの販売台数は2位の位置にある。結構信頼性あるデータが取れたのではないかと思う。

 

 

情報商材販売とアフィリエイトの売り上げ比較の方法

まずここで、私が比較したのはバナープラスV2と言うツール。

 

これはヘッダーやバナーを超簡単に作成するソフトとして、フォトショップが使えない人にとってはものすごく役に立つもの。

 

たた、おしゃれなバナーやヘッダーを作っても、それをどう使いこなすのか?そこがないと宝の持ち腐れだと思い。教材の特典を付けて販売した。

 

今はインフォトップでの販売を終えてA8になったがおそらく私はこのツールを日本で1番売っていたと思う。

 

で、その売り上げを見てみると・・・。

 

f:id:nihongo1000:20171129145032p:plain

 

f:id:nihongo1000:20171129145412p:plain

 

2017年の9月1日から2017年の10月1日までで38本で売り上げは14万円。実はこの月はバナープラスがインフォトップから離れる最後の月でアフィリエイト報酬も6000円→4000円に下げられていた。

 

ちなみSEMライダーさんはバナープラスをインフォトップで販売した後もそのリンクをちゃっかり残している。今もあるはずだから2か月以上。

 

A8などは販売が終わったらリンクを切り替えてくれるのだが、インフォトップはこの辺がいい加減・・・( ;´Д`)

 

つまり報酬で釣っておいて、お金を払わず無料で情弱な情報アフィリエイターに広告だけを貼らせている。

 

物販広告主も結構この手の手段を使う(承認率を突然超下げるなどのせこい行為を働く)パターンを使うのだが・・・。

 

まあ、論点がズレそうなので話を戻す。

 

私は平均毎月40~50本売り上げていたので、真ん中を取って、6000円×45本とすると月に27万円

 

大体25万~30万を毎月売り上げていたことになる。(私はこうやって特定の素晴らしい商品をたくさん売る戦略で勝負している。3種類きちんと売れば100万は難しくないのだ。)

 

一方この特典を切り離し自分でインフォプレナー側に周って教材販売を1か月してみた結果だが。(正確には25日ぐらい)

 

f:id:nihongo1000:20171129150317p:plain

アフィリエイターさんに協力してもらうと全部で68本の売れた。アフィリエイト報酬を支払って私の売り上げは38万7000円。

 

これは自分で販売した時の27万とくらべると10万ぐらいうりあげがうわのせされたことになる。

 

つまり、インフォトップ2位の販売台数の私が実際にアフィリエイターとインフォプレナーの両方に周って計算すると、14%ぐらい売り上げが上乗せされる。

 

つまり自分だけの力で販売するよりも他人の力を使った方が稼げるというわけだ。

 

ここから言えることは一つ。

 

スカイプのサーポートやツール特典付きの教材を作れる人は思い切って単体販売したほうが稼げる。これは他の情報販売、コンテンツ販売をメインにやっている人が言っていたこと。

 

「ちまちま特典なんて作ってないで自分でコンテンツを作って売りな?その方がめちゃ稼げるよ?」と一致することになった。

 

私もメールで「ツールとかはもうどうでも良いから教材売って?」

 

と言われるたびにそのような気が起きていたのだが、やっぱりシリウスやバナープラスは使ってみて感動したし、みんなに使ってもらってカッコいいホームページを作ってほしかったから、特典として売っていた。

 

後は入金手段が分散すると経費や税金などの事務作業煩雑化するのが嫌だった。

 

ただ、自分が稼ぐということに特化するのであれば戦略としては間違っているのだと思う。

 

これを踏まえて来年からは法人の方でもコンテンツ販売も特定の人に協力してやっていこうと思う。nihongo1000だけだとウザいやつに絡まれてめんどくさいので別の形にするかもしれない。

 

実は私の会員サイトのメンバーさんはアフィリエイターとしての能力が高いだけでなく、自分で雑誌や本を出版できるようなコンテンツホルダーさんが多いのだ。

 

まずは来週凄腕のプログラマーさん(凄い実力だが超変わり者の頑固者)と会うので、いくつかの提案をしてみようと思う。

 

彼女はやる気になれば素晴らしいWPのテーマやプラグインが作れるはず。

 

そして来年は本当にアフィリエイトやネットビジネスの価値に気づいた人に協力してもらって私の作ったコンテンツ、プログラムを販売しようかなと思う。

 

その方が稼げるみたいだし、新しいことにチャレンジしないと停滞するからね。

 

ちなみにみなさんがもしちょっとだけコンテンツ販売にチャレンジしたいと思うのならNOTEで500円~1000円ぐらいで記事を売ってみてはどうだろうか?

 

note.mu

 

意外と買ってくれて自信につながると思う。

 

教育の方は特にそう。今まで沢山の自主プリントなどを作ってきたはず。それを机にそのまま眠らせておくのではなく、ちょっと販売してみると良いと思う。

 

お金がない人はまずはブログで情報発信!広告費をかけるよりもはるかに安く確実な集客ができる。

 

私もスタートはそこからだった。

 

月に10万にでもなれば結構生活潤うのではないか?

というわけでちょっとした比較記事でした。