ネットビジネス副業通信講座-起業と仕組みを語るブログ!

1000万を稼ぐノウハウ満載!ネットビジネスで成功するための、アイデアや、起業,独立のヒントやお金を稼ぐための裏情報を語る無料の公開授業。稼げない奴への毒舌批評もぜひ聞いてくださいね!

無料なら教えてもらっても良いという意識が一ミクロンでも見えたら切る。

絶対検索されないようなタイトルになってしまったわけですが事実です。

 

ネットビジネスで稼ぐためには、奉仕の気持ちとか、自分の持っている知識や情報をたくさん分かってもらいたいと思う気持ちがないとダメと何度言えば分かるのでしょうかね?

 

そして自分の価値観で周りの世界を切ることが大切なんですよ。

 

タダなら教えてもらってもいいぞ?

 

どうて寸止まりなんだろ?全部は教えてくれないんだろ?

 

でも、一応タダっぽいし、無料だかから登録してやってもいいぞ?

 

話半分で聞いてやってもいいぞ?

 

となぜかこだわりの上から目線のプライドが消せない人へ

 

消します。切ります。要りません。

 

私はぬるい友情とか友達と大嫌いだし、仲良くなったつもりとかも嫌いです。

 

その気持ちがある限り、あなたはネットビジネスで絶対に稼げません。メルマガも登録させませんし、気付いたら容赦なく消します。

 

そもそも触れ合っても私にマイナスしかもたらさない存在。切るというより私の方から逃げるといったほうが正解かもしれませんね・・・(*_*)

 

あなたが何も感じないように私もそんな奴に何も感じません。酒を酌み交わしたわけでもないし、同じ同級生でもない。とにかく会ってないんだしね。

 

だから余裕で切れます。

 

でしょ?ボタン一つでリセット。心なんて微塵も傷みません。

 

でしょ?

 

f:id:nihongo1000:20120811155011j:plain

 

ネットビジネスではキレることが必要

私が厳しい上司から教えてもらった成功法則があるのですが、それは「キレる」ということです。

 

結構学生さんも見ているっぽいので、塾とか学校の先生とか、なぜあんなに「キレる」のか?だったらお前はもっといい授業しろよ?なんて思うかもしれませんね。

 

「金もらってんだろ?」(俺の親からだけど)

 

という意識があるし、事実あなたはお客様。金払ってるのに怒られるとか怒鳴られるとかありえないって思うでしょ(笑)

 

でも違うんだな。

 

キレるという意味は二つあって、「迷いを断ち切って伝える」という意味もある。確かに世の中で100%の答えなどない。

 

でも、そこに甘えていたら、いつまでたっても決断は下せないし、先に進めない。

 

私がめちゃくちゃ生徒を怒鳴っていたのは「嫌われるんじゃ無いか?」「反論されるんじゃないか?」「もう生徒は来なくなるんじゃないか?」そいう迷いを切ることの大切さを厳しい講師から教わったからです。

 

私も死ぬほど怒られたし、その時はまじで殴って会社辞めてやるって思っていたけど、先輩の働きぶりをみていたから、悔しいけど言えなかった。

 

自分の社会的な判断や価値観を信じて物事を「キレる」人。

 

それがないとやっぱり大人になって大変なんですよ。

キレるってことはその世界に責任を持つってことなんです。

 

もちろん毎日キレていたら、たんなるヒステリーおじさんになるので、その分責任もって授業するのは当たり前でしたけどね(笑)

 

・・・ある程度満足できるまで10年以上かかりました。

 

で、毎日毎日メルアド替えて、ニックネームで登録して何とか何とかネタだけパクって稼ごうと思うあなたへ。

 

いい加減キレて自分で判断しろよ?

 

自分の判断を信じて他人のせいにするなよ?

 

そう言いたいですね。

 

それができないから今までネットビジネスで稼げなかったわけだし、仕事でもあまり良いポジションがもらえなかったし、昇給しなかったんじゃない?

 

私もね、私の価値観に合わない人は全員切るつもりで文章を書いてます。そうすると特定の人だけが全国から集まってくる。

 

ネットいビジネス以外だったら、やはり空気を読んで周りに従って生きなければならないんだけど、この世界は真逆ね。

 

あなたの価値観で全部切る。自分にも相手にもせこい意識が芽生えたらそれを切る!

 

それができるまで稼げないよ!そうおもう今日この頃です。

 

PS 最近この漫画ハマってるですが・・・?

 

 

これ全巻読んだ人とお友達になりたいと思う次第です。きっと気が合うと思うんですよね~。

ブログランキング・にほんブログ村へ banner にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ にほんブログ村 小遣いブログ 学生のお小遣い稼ぎへ